FC2ブログ

20191125空知管内JA北いぶき青年部海外視察研修報告

★IMG_0109
11月25日(月)JA北いぶき青年部沼田支部の岩渕佑介氏(仲町西)が、アメリカ西海岸での海外視察研修の報告に来庁しました。
研修には空知管内JA青年部の約20名が参加し、ドローンを使用した作物の管理や観光型農業として収穫体験などを行っている農場を見学し、海外の大規模経営の実態や営農技術を現地で学びました。岩渕氏は「観光型農業を見て、沼田町を盛り上げるためにも農業の観光化を進めていきたい」と話し、報告を受けた横山町長は「今回の貴重な体験や経験を沼田の農業に活かしてほしい」と激励しました。
スポンサーサイト



20191124まちづくりの視点からみた鉄道を考えるシンポジウム

★IMG_1534
11月24日(日)ゆめっくるで「まちづくりの視点からみた鉄道を考えるシンポジウムが開催され、町外からの方も含め約80名が参加しました。
株式会社日本旅行北海道の永山茂地方創生推進室渉外部長が「まちの魅力・潜在力を活かしたまちづくりと地域交通」と題し講演を行い、道南いさりび鉄道の取り込みを例に「知恵と情熱と地域の人とのコミュニケーションでまだまだ活性化できる」と話されました。
 その後、吉住観光協会長と横山町長を交えてパネルディスカッションが行われ、吉住会長は「存続だとか廃止とかの議論ではなく、交通デマンドはどこにあるのか?過疎地域におけるスマートモビリティなどの議論もしていきたい」と話され、横山町長は「鉄道という財産を将来に残す責任がある。また、将来の労働力不足などの問題も考えられるため農水産物の輸送のためにも鉄路は残すべきだ」と訴えました。

20191113災害時要援護者支援にかかわる専門職等研修会が行われました

★IMG_0004
11月13日(水)すこやかホールで深川保健所の保健師を講師として招き、「災害時要援護者支援にかかわる専門職等研修会」が行われ、沼田町内の福祉関係者約50名が参加しました。
 本研修会は、昨年9月に発生した胆振東部地震を受けて沼田町でも災害対策を講じながらも、年月の経過とともに薄れる意識の向上を図るために行われました。深川保健所の松岡美保子係長は胆振東部地震での支援活動の経験から、平常時での事前準備の必要性を話しました。参加者は研修会を通して福祉の視点からの災害弱者への対応や備え等を見直すきっかけとなりました。

20191112安全機能付き自動車試乗会

★IMG_9388
11月12日(火)町民会館駐車場で沼田町交通安全協会(小泉清彦会長)が主催する「安全機能付き自動車サポカー体験イベント」が今回初めて開催されました。
 高齢者ドライバーによる大事故や免許証のあり方等が取り沙汰される昨今、参加者には自身や同乗者を重大な事故から守る安全機能として自動ブレーキが搭載されたサポートカーを実際に体験してもらいました。
 ドライバーが運転するサポートカーの助手席に乗車した参加者は、自動ブレーキがかかる際の急ブレーキの衝撃に驚きながらも、障害物の前でしっかり停車する安全機能に関心が高まりました。

20191110町民交流フェスタ

★IMG_9921
11月10日(日)ゆめっくるで、「町民交流フェスタ」が開催されました。
 化石発掘体験や、ボールプール・的当てなどのこどもの遊び場、缶バッジ制作に多くの子供たちが集まり、アロマスプレー作りや、レザークラフト体験で自分だけの作品作りに没頭していました。赤ちゃんや小さな子供を対象としたイベントも行われ、老若男女問わず多くの人で賑わいました。また、雪中そばや鹿肉カレーが限定販売されましたが、すぐに完売する人気ぶりでした。
 図書館ミニミニフェスタも同時に行われ、古本市や人形劇&絵本の読み聞かせ、図書館クイズなどが開催され、ゆめっくるが多くの人で賑わいました。
プロフィール

numatakouhou

Author:numatakouhou
北海道沼田町広報です。
2011年12月から始めました。
今後ともよろしくお願いします。

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR