20120329沼田町交通安全協会支部長会議が開催されました

20120329沼田町交通安全協会支部長会議が開催されました
 3月29日(木)沼田町交通安全協会(会長 木谷克巳)の支部長会議が開催されました。
各町内から選出された交通安全支部長が一同に会し、4月6日から始まる『春の全国交通安全運動』に向けた取り組みについて協議されました。
冒頭、木谷交通安全協会長より「交通事故死ゼロ5000日まで1年を切った。春を迎え、町を出入りする通過車両の事故が懸念される。地域から交通安全の気運を高めてもらいたい」と述べられました。
会議では沼田町の交通安全旗が各支部に配布され、春の全国交通安全運動に合わせて一斉に町内の主要道路沿いや交差点に掲揚することとし、また、毎月10日に行われる「交通事故死ゼロを目指す日」の実施について説明がなされました。
会議終了後、沼田警察署より北海道の交通事故の現状と沼田警察署管内の交通事故の傾向について講話があり、支部長の皆さんはうなずきながら交通事故の現状を学習しました。
スポンサーサイト

20120329役場主婦の会が「カエルのマスコット」を新1年生にプレゼント

20120329役場主婦の会がプレゼント
 3月29日(木)役場主婦の会(金平智子会長)が、沼田小学校の藤森正男校長に交通安全などを願う「カエルのマスコット」を渡しました。これは、毎年行っているボランティア活動で、新1年生24名分を役場主婦の会会員が手作りしました。
 この日は、金平会長と会員の辻優子さんが小学校を訪れ、金平会長は「交通安全祈願です。毎日元気に無事に帰ってきてほしい。また、沼田の小学生は、皆元気な挨拶をする」とマスコットに込めた思いと子供達のすばらしさを述べていました。
 今回プレゼントしたマスコットは、4月6日(金)の入学式で新1年生に手渡されます。

20120328沼田町交通安全指導員会総会が開催されました

20120328交通指導委員会総会
 3月28日(水)沼田町交通安全指導員会(山田英次会長)の定期総会が健康福祉総合センターで開催されました。
交通安全指導員会は、沼田町から委嘱された交通安全指導員により構成されており、日々町民を交通事故から守るための活動を展開しています。
総会の前に、長年にわたり交通安全指導員を努めた吉岡宥ニさん(幌比里)に北海道知事からの感謝状と、石川英樹さん(北竜3)に北海道交通安全推進委員会長表彰が金平町長より伝達されました。
また、今年の3月末で交通安全指導員の任期が満了し1名の指導員が退任しますが、新たに委嘱された指導員を加えた21名で交通安全活動を撮り進めていきます。
議事においては、事業計画や予算など交通事故死ゼロ5000日に向けた活動が提案され、全て承認されました。

20120325本年度北海道で最後の歩くスキー!明日萌の里・ほたるの里歩くスキーの集い

20120325明日萌の里・ほたるの里歩くスキーの集い
 例年より気温が少し低い中、本年度北海道で最後の歩くスキー「明日萌の里・ほたるの里歩くスキーの集い」(同実行委員会主催)が、3月25日(日)ほろしん温泉ほたる館周辺特設コースで開催されました。
 今年の参加者は、約260名と例年より若干少なめですが、遠くは函館市や滝上町からなどの参加があり、全道各地の歩くスキー愛好者に親しまれている集いです。
 この集いは、約50名のボランティアスタッフで運営されており、ゴール後の地元幌新地区のグループ「すずらん土里夢(ドリーム)」のお汁粉や地元建設業協会のホットミルク、酒組合のミネラルウォーターなどが参加者に無料で振る舞われ、これも大変好評です。
 毎年参加している60代の男性参加者は「この集いが終ったら来年までスキーをしまう年中行事です。」と話されていました。

20120324明日の集いもがんばります!明日萌の里・ほたるの里歩くスキーの集い前夜祭

20120324明日萌の里・ほたるの里歩くスキーの集い前夜祭
 毎年恒例行事で北海道で本年度最後の歩くスキーの集い「明日萌の里・ほたるの里歩くスキーの集い前夜祭」(同実行委員会主催)が、3月24日(土)ほろしん温泉ほたる館で開催されました。
 この前夜祭は、翌日の集いに参加する約80名が参加し、久しぶりの再会と道内各地の歩くスキー仲間が集うことで、とても好評です。
 大会長で沼田町の金平嘉則町長が、「こんなに多くの方に参加していただきとてもうれしい。明日の集いもがんばってほしいことと、来年もぜひこの場所でお会いしたい」と歓迎の挨拶をし、高田勲副実行委員長(町体育協会長)の乾杯で宴が始まりました。
会場は、参加している歩くスキーの団体の紹介やビンゴゲーム大会などで盛り上がり、翌日の集いでの無事完走を誓いあっていました。

20120324平成23年度「はあとふる沼田」関係団体等研修会

20120324平成23年度「はあとふる沼田」関係団体等研修会
 平成22年から始まった「はあとふる沼田」の関係団体等研修会が、3月24日(土)町健康福祉総合センターで開催されました。研修会は、昨年に続き2回目です。
 はあとふる沼田とは、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らしていくことができるように町内会などで見守りネットワークを構成し、地域の皆さんのさりげない見守り・声掛けによって高齢者の状況や連絡の支援をしていく取組みです。
 今回の研修会は「町内会活動と個人情報について」と題し弁護士法人 札幌・石川法律事務所の石川和弘弁護士に講演をいただきました。個人情報を提供して良い場合とダメな場合などを実際の事例を交えながら、難しいテーマでしたがわかりやすい説明を受け、約70名の参加者は、真剣に耳を傾けていました。

20120324幼稚園、小学校でも頑張ります!沼田保育園卒園式

20120324沼田保育園卒園式
 雪がまだ多く残る3月24日(土)、沼田保育園(土肥芳子園長)において、第58回目の卒園式が執り行われました。
 今年の卒園児は男子9名、女子9名の合計18名。卒園児は園長先生から卒園証書を手渡され、ステージ上で「大きくなったらケーキ屋さんになりたい」「大きくなったらお米を作る人になりたい」など、将来の夢を発表しました。
 挨拶で土肥園長は「幼稚園や小学校に行っても、たまには保育園に遊びに来てくださいね」と園児に優しく話し、育友会の室田健一会長は「幼稚園や小学校に行って、いっぱいいっぱい友達を作ってください」とエールを送っていました。
 来賓の挨拶では、金平嘉則沼田町長が「私もこの保育園を卒園しました。懐かしい思い出がよみがえります」と、自らの思い出を振り返りながら挨拶をされました。
卒園児たちは式の間も元気いっぱい。お礼の言葉や在園児との合唱も大きな声でやり通し、集まった保護者たちも自分の子供の成長に目を細めていました。最後は卒園児とお母さんが一緒に手を繋いで退場し、明るい雰囲気の卒園式となりました。

20120322沼田地区交通安全協会連合会総会が開催されました

20120322沼田地区交通安全協会連合会総会
 3月22日(木)沼田地区交通安全協会連合会(山田英次会長)の定期総会が沼田警察署で開催されました。
この連合会は、沼田警察署管内の沼田町、北竜町の交通安全協会の連合組織で、旭川方面公安委員会より運転免許証の更新等の業務委託を受けているほか、両町の交通安全に資する様々な活動を展開しております。
冒頭、山田会長から「沼田町は交通事故死ゼロ5000日、北竜町は2000日を目指し、交通事故死ゼロを続けていきたい。両町民一丸となった交通安全活動を行っていきたい」と挨拶がありました。
総会には来賓として沼田町長、北竜町長をはじめ、沼田警察署長らも出席し、はじめに金平沼田町長からは「気を引き締めて、交通事故死ゼロ5000日に向け、皆さんの協力をいただきたい」と述べ、続いて佐野北竜町長より「シルバー世代の事故が増えている。事故防止に向け、様々な場面で注意喚起をしていきたい」と述べました。天野沼田警察署長からは、「昨年、沼田警察署管内の人身事故は3件と、旭川方面で一番少なかった。しかし、物損事故は195件と昨年よりも10件増えている。これを重大事故の前兆と見て、警戒していきたい」昨年の事故状況の報告がありました。
議事では、事業報告などが審議され、全て承認されました。また、役員改選では、全ての役員が留任となりました。

20120319今後の事業展開に期待!!台湾での雪中米等販売促進に係る事後検討会

20120319台湾での雪中米等販売促進に係る事後検討会
 先月、18日19日の2日間、沼田町から約20名が台湾に乗り込み、雪中米などの販売促進を行った事後検討会が、3月19日(月)観光情報プラザで開催されました。
 会議は、アドバイザーとして今回の事業に携わったマーケティングコンサルタントで㈱クリエイティブ・ワイズの三宅曜子代表取締役の講評と現地で行ったアンケート結果の分析を聞きながら進められ「アンケートの結果がすごく良い。雪中米の『おこげあんかけ』から更に幅広いメニューが考えられる」「全国のB級グルメでご飯のあんかけは無い。面白い展開になりそうだ」と述べ、参加したメンバーからは「テレビ放送を見た町民から、沼田町でも試食会はやらないの?」「雪中米をこんなに広げてくれてありがとうと言われた」等、今回の事業の反響の大きさと現地での感想を話していました。
 三宅さんからメンバーへは「今回の試食した商品は『おいしい』という評価をもらった。今後は雪中米という名称をその特徴と合わせてもっともっと打ち出していかなければならない。」と今後に期待する意見も聞かれ、参加したメンバーは頭の中に次の戦略を考えていました。

20120317現在の校舎最後の卒業式 沼田小学校卒業式

20120317沼田小学校卒業式
 少し冷たい風が吹く3月17日(土)、沼田小学校(藤森正男校長)において、第102回目となる卒業証書授与式が執り行われました。
 今年度の卒業生は男子17名、女子10名の計27名。現在、沼田小学校の新校舎が急ピッチで建設されており、現校舎での卒業式は今回で最後となります。
 藤森校長から生徒一人ひとりに卒業証書が手渡され、生徒は「中学校ではもっと勉強を頑張りたい」「6年間どうもありがとう」など、決意や感謝の言葉を述べていました。
 式辞で藤森校長は「みなさんとは1年間の付き合いでしたが、最高学年として下級生の良きお手本となってくれました。この校舎最後の卒業生がみなさんで良かった」と話しました。
 告示で日暮茂男委員長が「6年前、新しいランドセルを背負い、初々しかったみなさんの顔を思い浮かべます。沼小の伝統を胸に、新しい目標を持ってステップアップしてほしい」と述べ、馬狩良光PTA会長は「みなさんが立派に育ったのは、先生や親などの温かい愛情があったからです」とそれぞれお祝いの言葉を述べられました。
 式の最後に、在校生と卒業生で呼びかけを行い、全員で「あなたにありがとう」を合唱。目に涙を浮かべた卒業生やその保護者が見られ、感動の卒業式となりました。
プロフィール

numatakouhou

Author:numatakouhou
北海道沼田町広報です。
2011年12月から始めました。
今後ともよろしくお願いします。

最新記事
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR