20120730食生活改善協議会「学童保育児童料理教室」

20120730食生活改善協議会「学童保育児童料理教室」
 7月30日(月)、町食生活改善協議会(池内幸枝会長)が「学童保育児童料理教室『楽しく!おいしく!みんなで作ろう!』」を開催しました。
 この料理教室は小学校1~3年生の学童に通う児童を対象に行われ、約30名が参加。協議会のメンバーや栄養士など11名が指導に当たりました。
 この日は、「デコレーション寿司」など、家でも保護者と簡単に作れ、夏にぴったりなさっぱりとした4品を調理。子どもたちはスタッフから手ほどきを受けながら食材を炒めるなどし、楽しそうな様子で料理を楽しんでいました。
スポンサーサイト

20120728第38回サマービールパーティで新PR隊「夜高あんどん振舞方」お披露目

20120728第38回商工青年部主催サマービールパーティ
 7月28日(土)、とむとむ広場で商工会青年部が主催する「第38回サマービールパーティ」が開催され、約800名が会場にかけつけ、暑い夜に冷たいビールを楽しみました。
 毎年、このビールパーティで「ミスあんどん」がお披露目されていましたが、今年から「ミスあんどん」に変わり「夜高あんどん振舞方(ふるまいがた)」が結成され、ステージ上で初お披露目されました。
 夜高あんどん振舞方は、夜高あんどん祭りはもちろんのこと、沼田町に関することをPRするために各あんどん連から2~3名ずつ選抜されたメンバーで結成されており、振舞方の選抜基準は「沼田町が好きで、あんどんをこよなく愛する方」となっています。
 この日は振舞方9名のうち4名がステージ上で挨拶し「一生懸命PRしていきたい」など、思い思いに決意を語りました。
 夜高あんどん振舞方のメンバーは以下の通りです。
 ・藤村健一(JA北いぶきあんどん連所属)
 ・長谷有里子(JA北いぶきあんどん連所属)
 ・平 和昭(沼田自衛隊あんどん連所属)
 ・久本伸生(沼田自衛隊あんどん連所属)
 ・斉藤真二(役場あんどん連所属)
 ・岩渕友美(役場あんどん連所属)
 ・松尾敦史(商工会あんどん連所属)
 ・多田和宏(商工会あんどん連所属)
 ・川嶋 敬(商工会あんどん連所属)

20120726-27第38回町民いこいの広場

20120726-27第38回町民いこいの広場01
20120726-27第38回町民いこいの広場02
 沼田町の夏のイベントとしてお馴染みの「第38回町民いこいの広場」が7月26日(木)~27日(金)の2日間で開催されました。
 開園式で商工会青年部の松尾敦史部長は「この2日間で子どもを対象にしたゲームなどを行います。子どもたちにとってこのイベントが楽しい夏休みの思い出になるように頑張ります」と挨拶。
 1日目は法被を着た保育園児の太鼓演奏や、小中学校のブラスバンドの演奏、お宝まきが行われました。会場に用意された水遊び場では、子どもたちがずぶ濡れになりながらはしゃいでいました。
また、この日は日赤奉仕団が「非常食炊出し訓練体験コーナー」を設け、特殊な袋を使って炊いたお米の試食を行い、食べた人たちは「炊飯ジャーと全然変わらない」と美味しそうに食べていました。
 2日目は天然雪100㌧を会場に運びこまれ、真夏の雪合戦大会が行われました。参加した7チームは冷たい雪の上で白熱した戦いを繰り広げました。また、会場にはかまくらも作られ、中はひんやりとした空気で満ちて夏の暑さを忘れるほどでした。
2日間通じて晴天に恵まれ、子どもたちにとって楽しいひと夏の思い出になりました。

20120726学習サポート事業「明日萌」

20120726学習サポート事業「明日萌」
 小中学校の子どもたちは夏休みが始まりました。その夏休み中に、子どもたちが自ら学習する習慣付けなどを狙って、町は夏季休業中の学習サポート事業「明日萌」をスタートさせました。
 初日となった7月26日(木)、参加申込みのあった小学生約80名が沼田小学校に集合。低学年と高学年で分かれて、それぞれ勉強を開始しました。子どもたちは各自で課題を持ち寄り、どうしてもわからないところは隣の子や教室にいる指導者に聞いて、課題を解決していました。
指導者には町教育委員会の本庄修総合教育アドバイザーや、学校の教員、北翔大学の学生ボランティアや地域おこし協力隊があたりました。指導者は子どもたちの勉強のサポートをして、自らが積極的に課題について考えるような環境づくりをしていました。
 午後からは中学校でも行われ、参加者約30名は真剣な表情で机に向かっていました。
 この事業は、7月26日~8月1日までの平日5日間で行われます。

20120725 2年連続インターハイ出場!松井誠浩さんを町と体育協会が激励

20120725松井誠浩さんインターハイ出場の激励
 東予在住の松井誠浩さん(深川西高校3年)が、昨年に続き陸上競技の八種競技でインターハイ出場を果たしました。松井さんは中学生時代に四種目競技で2年連続全道大会に出場しており、昨年も八種競技でインターハイに出場しましたが、惜しくも入賞は果たせませんでした。
 7月25日(水)に役場を訪れた松井さんは、沼田町と町体育協会から激励を受けました。生沼教育長は「今年で最後だと思うが悔いの残らないように頑張って!」と言葉をかけ、松井さんの家の隣近所という中村保夫副会長も「頑張ってください」とエール送っていました。
 松井さんは「去年のインターハイでは思ったような結果が残せなくて悔しい思いをした。今年はそんな事がないように、先生やコーチに恩返し出来るような記録を残したい」と決意を語っていました。

20120725 B&G海洋体験セミナー参加の塩田銀巳くん沖縄出発前に教育長へ挨拶に来庁

20120725塩田銀己くんがBG海洋体験セミナー参加のため挨拶
 毎年、B&G財団が沖縄での海洋性レクリエーションや自然体験活動を通して、各地域から集まった青少年を対象に、規律ある集団生活から連帯感・団結心を持って友情を育んで、ルールやマナー、礼節などの社会性を学び、海に対する関心と理解を深めてもらおうと開催している「海洋体験セミナー」に、沼田小学校5年生の塩田銀巳くんが参加するため、7月25日(水)、町生涯学習総合センターゆめっくるを訪れ、生沼教育長に挨拶をしました。
 町はこのセミナーに沼田っ子が積極的に参加してもらおうと、2名分のセミナー参加費用を予算化しており、今年は参加申し込みがであった塩田くんが選ばれました。
 塩田くんは生沼教育長に「今回の海洋体験セミナーでいろんな地域の人たちと知り合い、仲良くなってルールを守りながら楽しんで生活していきたいと思います」と少し緊張した面持ちで決意を述べました。生沼教育長も「沖縄はきっとすごい暑いし、周りも知らない人ばかりで大変かもしれないけど、しっかり勉強してきてください」と笑顔で話しかけていました。
 塩田君は28日に沖縄へ向けて出発。4泊5日のセミナーで様々な体験をするとのことです。

20120724平成24年度全道女性・健康づくりリーダー研修会

20120724平成24年度全道女性・健康づくりリーダー研修会
 7月24日(火)、ほろしん温泉ほたる館で「平成24年度全道女性・健康づくりリーダー研修会」が開催されました。
 この研修会は、平成14年から北海道老人クラブ連合会(神野修会長)と開催地の老人クラブ連合会が主催して行っており、毎年全道4カ所で開催されています。沼田町が開催地となるのは今回が初めてです。
 この日は各市町村の老人クラブ連合会に所属する女性や事務局員など約110名が参加。遠くは中札内村から研修会に駆け付けていました。
 研修会は午前10時から開始し、沼田町と深川市の老人クラブ連合会の代表者が活動について報告する事例発表や、全国老人クラブ連合会がオリジナルで作成している「いきいきクラブ体操」、「子育て支援活動の推進」など4つのテーマに分かれて話し合いが行われた分散会、公益社団法人北海道栄養士会から講師を招いての講義など、充実した内容の研修が行われ、参加者も真剣な表情で研修会に臨んでいました。

20120721第25回和風園夏祭り

20120721和風園夏祭り
 7月21日(土)、町養護老人ホーム和風園(橋英則園長)で第25回和風園夏祭りが開催され、多くの来場者で賑わいました。
 この夏祭りは和風園では毎年恒例となっている行事で、施設職員はもちろんのこと、旭町町内会や隣にある町特別養護老人ホーム旭寿園の職員、役場青年女性部など多くのボランティアが運営に携わっています。
今年は施設利用者の家族など約250名が駆け付け、会場に並んだおでん串やかぼちゃ団子などの屋台には行列が出来ていました。
 会場のステージでは、和風園内のカラオケクラブのメンバーや施設利用者の家族がカラオケを歌い美声を響かせ、夏祭りは賑わいをみせていました。

20120721輝け雪のまち10年記念行事

20120721雪貯蔵米試食会
 平成14年に雪と共生するまちづくりを目指す「輝け雪のまち宣言」をした沼田町。その10周年を記念し、7月21日(土)の夕方、ほろしん温泉ほたる館で記念行事が行われました。
 この日「ほたる祭り」で賑わうほたる館のロビーで、これまでの雪の取り組みを紹介したパネルや簡易型雪冷房3台の設置、「雪の科学館」で保管されている天然雪が展示されました。
 中でも注目は、「雪の科学館」で平成14年から雪の冷気で保存されていた沼田町産のお米の試食会。訪れた人たちに一口大のおにぎりにして試食をしてもらいました。
 札幌からほたる観賞に訪れたという札幌市在住の女性の方は「美味しかった。10年前のお米と言っていたが、全然そんな感じがしなかった」と、雪で貯蔵したお米の感想を話していました。

20120720交通安全街頭啓発旗の波運動

20120720交通安全旗の波運動
 7月19日から28日までの期間で夏の交通安全運動がスタートしました。それに合わせて沼田町でも、ドライバーに交通安全を心がけてもらおうと、沼田小学校前の国道275号線沿いで、交通安全旗の波運動を実施しました。
 旗の波運動には、町長生クラブ22名、沼田保育園の園児32名も参加。集まった参加者に対して、町交通安全協会の木谷克巳会長は「7月8日で交通事故死ゼロの記録が4,758日でストップしてしまった。またゼロからのスタートで、記録を継続していきたい」と語りかけました。
 参加者は二手に分かれて、ドライバーに交通安全啓発チラシやスポーツドリンクを手渡しました。園児がドライバーに「気を付けてね!」と声をかけると、ドライバーも「はい!」と笑顔で答えていました。
神憲彦副町長や沼田警察署の天野正輝署長も旗の波運動の先頭に立って交通安全を呼びかけ、沼田町の交通安全への熱い思いが感じられる街頭啓発となりました。
プロフィール

numatakouhou

Author:numatakouhou
北海道沼田町広報です。
2011年12月から始めました。
今後ともよろしくお願いします。

最新記事
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR