20121031ゆきものがかりpresents ハロウィンイベント開催

20121031ハロウィンイベント開催
10月31日(水)とむとむ広場で、ゆきものがかり主催によるハロウィンイベントが開催されました。
今年初めて開催されたこのイベントでは「ハロウィンカボチャコンテスト」が行われ、約300点の作品の中から入賞作品が選ばれました。
展示された約300点の作品は、ゆきものがかりのメンバーが、10月中旬よりハロウィン用のオレンジ色のかぼちゃを町内の家々に配り、コンテスト用に加工するようにお願いして集めたものです。
 当日は、午後1時より町内に飾ってあったカボチャをメンバーがすべて回収し、集められたカボチャは、とむとむ広場に設けた展示台の上に並べられました。
午後4時30分、あたりが薄暗くなってきたころ、思い思いに形作られたカボチャの中にろうそくを灯すと、幻想的な光りが秋深まる夜空を照らし、会場に訪れた人々の目を楽しませていました。
 
 入賞作品は以下のとおりです。

 町長賞(1本)     谷内英人さん(札幌市)
 商工会長賞(1本)   渡部建設株式会社
 夕市産業祭り賞(3本) 国久 晃さんほか・竹見星夏さん・菅岡3姉妹さん
 ゆきものがかり賞(1本)川嶋琉姫さん
スポンサーサイト

20121030交通安全町民大会

20121030交通安全町民大会
 本年7月8日に交通死亡事故ゼロの連続日数が4758日で途切れた沼田町。道内の交通事故死亡者数も10月23日現在で145名と全国で3番目に多い状態となっており、今後、交通事故の無い安心安全な明るい街を目指すため、町民一丸となってさらなる交通安全の意識向上を図ろうと、町及び町交通安全運動推進委員会、町交通安全協会が主催の「平成24年度沼田町交通安全町民大会」が10月30日(火)に町民会館で開催されました。
 会場に集まった約130名の参加者を前に、木谷克巳交通安全協会長が「交通事故死ゼロ5000日達成を目指していたが、7月8日で途切れ非常に残念。1からの出直す気持ちで頑張っていくのでお力添えいただきたい」と挨拶。交通安全運動推進委員会の会長でもある金平嘉則町長も「町民が一丸となって交通安全運動にまい進していく」と話しました。
 大会では、小中学生を対象にした交通安全標語・ポスター・作文コンクール、高齢者川柳コンクールの表彰が行われ、入賞者に賞状や記念品などが手渡されました。
 表彰式終了後、天野正輝沼田警察署長が旭川管内の交通事故情勢について公演を実施。「町内では物損事故が増加傾向にある。大きな事故の前振りかもと思って注意してほしい」と来場者に交通安全を呼び掛けました。
大会の最後には、松尾敦史商工青年部長による交通安全宣言が行われ、町民の交通安全に対する意識がより一層強くなる大会となりました。

20121030山木一男代表監査委員が全国町村監査功労者表彰

20121030山木一男代表監査委員が全国町村監査功労者表彰
 沼田町監査委員の代表監査を勤める山木一男氏が10月3日(水)に全国町村監査委員協議会より、全国町村監査功労者表彰を受け、30日(火)に金平町長を訪れ表彰の報告を行いました。
 山木代表監査委員は、平成17年1月30日から現在まで7年以上監査委員として在職。その間、監査事務に尽力するとともに、町村自治の振興発展に貢献し、その功績が顕著であったとして、全国町村監査委員協議会の上田勝会長より表彰状が贈られました。
 山木代表監査委員は「この表彰を受けたのは沼田町で3人目。非常に光栄」と金平町長に贈呈の喜びを語っていました。

20121027沼田町更生保護に関する講演会

20121027沼田町更生保護に関する講演会
 沼田町就業支援センターが開所して5年の節目を迎えた本年。それを記念し「沼田町更生保護に関する講演会(沼田町更生保護講演会実行委員会・北海道PTA連合会・北空知PTA連合会主催)」が開催され、約250名の方が町民会館に駆けつけました。
 この講演会は、子どもたちの教育的な視点などから北空知PTA連合会と意思が合致し、北空知PTA連合会母親研修会、沼田町PTA連合会研究大会、北竜町PTA連合会研究大会と合同して実施されました。
 講演に先立ち高澤司北空知PTA連合会長が「今日の講演で今まで私たちが子どもにやってきたことは合っているのかということを再確認してもらい、今後の活動に繋げて欲しい」と挨拶。畑地誉沼田町PTA連合会長も「子どもたちを取り巻く環境を見直す契機にして欲しい」と参加者へ向けて挨拶をしていました。
 「三宿憩いの家の活動から子どもの成長を考える」と題し、「家栽の人」などの原作者としてしられるライター・劇画原作者・写真家の毛利甚八氏と、元・自立援助ホーム「三宿憩いの家」の寮母である三好洋子氏を招き講演が行われました。二人は平成18年度にも沼田町で講演を行っており、就業支援センターが出来る以前の沼田町民に、様々な事情で問題を抱えてしまった子どもたちの理解を深めてもらおうと、自身の活動から得た経験を語りかけました。
 今回の講演で毛利氏は「沼田町に施設が出来て、特に大きな事故も起きていない事に感謝している。これで施設の子が『普通の子』であることが証明できたと思う。今後も子どもたちの事を深く理解してもらい、みなさん自身の人生に反映していただきたい」と語り、三好氏も「前に沼田に来た時に『こういう人たちの中で子どもたちは暮らすんだな』って強い印象を受けた。子どもは一人ぼっちの時に躓いてしまうので、一人ぼっちで生きないようにして欲しい」と語り掛け、途中、二人と親交のある馬狩良光沼田小学校PTA会長がステージ上に呼ばれ、自身が体験した支援センターの子どもたちとの体験を話していました。

20121026秋の夕市産業まつり

20121026秋の夕市産業まつり
 9月に記念すべき1回目を開催し、好評を博した「秋の夕市産業まつり」の2回目が10月26日(金)に開催され、昭和プラス横特設会場は多くの来場者で賑わいました。
 午後4時のスタート前から室内会場は多くの人で溢れかえり、沼田町産の新米の試食や町農産加工場新作のケチャップの試食、お米の重さをちょうど一升にすると新米がもらえるゲームなど盛りだくさんの内容の中、一際目を引く「たまご1パック(10個入)50円」の前には長蛇の列ができ、気持ち良い早さで売れていました。
 また、屋外会場では町内料飲店が焼き鳥などを販売するほか、若手有志団体の「ゆきものがかり」が31日に控えたハロウィンイベントを前に「ハロウィンパンプキンカット講習会」を実施。ゆきものがかりのメンバーがお手本を示しながら、参加者は思い思いにカボチャに顔を彫っていました。
 イベント終盤にはご飯の残りでパンが焼ける「ホームベーカリー」が当たる豪華抽選会が行われ、終始大盛況なイベントとなりました。

20121026ハッピーフレンズ夢中in手作りカフェ

20121026ハッピーフレンズ夢中in手作りカフェ
 沼田町内の7つの手芸グループと手芸愛好者によるイベント「ハッピーフレンズ夢中in手作りカフェ」が10月26日(金)から27日(土)の2日間、喫茶「昭和プラス」で開催されました。
 このイベントは、町内の手芸愛好者たちが「自分たちが夢中で作った作品をみんなにみてもらいたい」との思いから企画され、衣類やブローチなどを作る「手遊び夢遊び」の沼田晴子さんが仲間に呼び掛けて実現しました。
 会場の喫茶店には手作りの衣類やバック、タペストリーなどバラエティに富んだ力作が多数展示され、一部は販売も行われました。展示会のほかにもミトン作り講習会が開かれたり、喫茶店ならではのコーヒーやカボチャパイが楽しめるホットコーナーも設けられました。
 午前10時から午後6時頃まで展示会は行われ、沼田さんは「手芸好きの人たちみんなが作品を見てもらいたい、次のステップに進みたいと思って力を合わせて開催した。来年以降も継続してやっていきたいし、将来的にはこの会場で手芸教室も開いていきたい」と意欲的に語っていました。

20121007第17回紅葉まつり

20121007紅葉まつり
 10月7日(日)、ほろしん温泉ほたる館(唯木勉支配人)で第17回紅葉まつりが開催され、約700名が会場に集まりました。
 オープニング前は雨がぱらついていましたが、開催時間となると天気は一転して晴れ模様となりました。
誰でも参加できるミニゲーム大会や、大賞で折りたたみ自転車が当たる朝のラッキー抽選会、札幌ドラムサークルによるショーや、景品が100本以上用意された大抽選会など、内容盛り沢山で繰り広げられ、来場者たちはジンギスカンや出店の手打ちそばやピザを食べながら、少しずつ深まりつつある秋の気配を楽しんでいるようでした。

20121007明日萌・ほたるの里ウォーキング

20121007明日萌・ほたるの里ウォーキング
 10月7日(日)、明日萌・ほたるの里ウォーキングが町教育委員会などの主催により開催され、町内外から約200名が参加しました。
 開会式で主催者を代表して生沼教育長が「ウォーキングは4,000万人を超える愛好者のいるスポーツと聞いています。恵比島、幌新地区の豊かな自然の中、深まりゆく秋を楽しみながら歩き、今日一日が心と体の健康を養う一日になれば」と挨拶しました。
 今年から6.5キロの明日萌ノルディックコースと温泉周辺ウォークラリーコースが新たに加わり全6コースとなり、参加者は事前に自分の体力に合わせたコースを選択。開会式前に雨が降ってしまい、6キロの玄武岩軽登山コースが中止となってしまいましたが、参加者たちは思い思いのペースでお喋りをしながらコースを歩き、周りの景色を堪能しつつ、ゴールのほろしん温泉を目指していました。

20121006第45回沼田中学校文化祭

20121006第45回沼田中学校文化祭
 10月6日(土)、沼田中学校(長野時敏校長)で第45回目となる文化祭が開催されました。
 今年の文化祭テーマは「沼魂!気炎万盛~ココロconnect festival~」。生徒の魂がひとつになり、炎のような勢いで盛り上がる文化祭になるようにとの思いから付けられました。
 長野校長も冒頭に「テーマにあるような、盛り上がる、心を繋ぐ文化祭にしてください」と挨拶。開祭式後は、演劇「ロミオとジュリエット」や仮装をした生徒がダンスを披露した有志発表、吹奏楽部による「アフリカン・シンフォニー」などの演奏など、盛りだくさんの内容で文化祭は繰り広げられ、テーマ通りの心繋がる文化祭となっていました。

20121004田村忠行さんがジャンボカボチャを役場前等に設置

20121004田村忠行さんがジャンボカボチャを役場前等に設置
 10月4日(木)、町市内4在住の田村忠行さんが直径約60cmのジャンボカボチャを役場などの公共施設の玄関前に設置しました。
 田村さんが持って来たのはアトランティックジャイアントという品種の大きく育つカボチャで、ゆめっくるに1個、ふれあいに1個、役場に2個の計4個を設置。田村さんは「立派に大きく育ったので、見て楽しんでほしい」と笑顔で語っていました。
プロフィール

numatakouhou

Author:numatakouhou
北海道沼田町広報です。
2011年12月から始めました。
今後ともよろしくお願いします。

最新記事
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR