20121227沼田小学校で2学期の終業式

20121227沼田小学校で2学期の終業式
 新しい校舎が完成し、3学期から新しい校舎となる沼田小学校の2学期の終業式が12月27日(木)現沼田小学校体育館で行われました。この終業式は、昨日開催予定でしたが吹雪のため学校閉鎖となり、本日の開催となりました。
 式のはじめは「はるかに仰ぐ暑寒別~」と大きく元気な声で校歌を斉唱し、校長先生が全校生徒に向け「いつもは『先生さようなら』『皆さんさようなら』といって2学期を終わりますが、今回は『校舎ありがとう』とひとつ足して帰ってください」と声をかけていました。
スポンサーサイト

20121225固定資産評価審査委員2名を任命

20121225固定資産評価審査委員2名を任命
 先般行われた第4回定例町議会で同意された固定資産評価審査委員2名を12月25日(火)町長室で任命しました。
 固定資産評価審査委員会とは、固定資産税の評価額に不服がある納税者からの審査申出について、中立・公平の立場から、対象の固定資産について町の評価額が適正であるかを審査する第三者機関です。
 今回任命(2名とも再任)されたのは、横山佳幸さん(北竜2)、大西晴彦さん(東予)の2名で平成27年12月24日までの3年間、現委員の橋本寛さん(旭町東)とともに3名で業務にあたります。

20121223沼田産トマトケチャップ試食会

20121223沼田産トマトケチャップ試食会
 クリスマスイブの前日の12月23日(日)ほろしん温泉ほたる館で恒例の巨大メニュー試食会が行われました。
 今回は、沼田町農産加工場の今年の新製品、トマトケチャップを使用した、お米だけで5kgある巨大オムライスが登場しました。
 天候が悪かったこともあり、お客さんは例年より少なかったですが、開始時間の午後3時には待ちわびたお客さんが列になりおかわりが続出でした。
 このオムライスと同じくこのケチャップを使用したナポリタンスパゲティは、レストランのメニューとして販売されています。

20121222沼田小学校新校舎見学会

20121222小学校見学会
 建築中であった沼田小学校の新校舎が完成し、12月22日(土)見学会が開催されました。
 午前10時から町内関係者約50名が参加し、新しい校舎で事故などが無いよう安全祈願祭が行われ、オープニングセレモニーで金平町長が「新しい校舎が完成し、今度は沼田の教育力を上げていかなければならない。地域の方々の支援で変わっていくと思うので皆さまの協力を願いたい」と挨拶。
 その後の一般見学会では、お年寄りから家族ずれまで多くのからが訪れました。沼田小学校の先生は、実際の児童たちの机に座り、黒板の見える角度などを念入りにチェック、また、校舎を見学した町内市内1の尾中義之さんは「見て感動した。学校じゃないみたいにきれい。」と家族で校舎を見学していました。
 一般見学会は明日23日(日)まで行われ、3学期の授業から新しい校舎に小学生が通います。

20121220沼田町・小平町・幌加内町で防災協定調印

20121220沼田町・小平町・幌加内町で防災協定調印
 様々な観光施策や住民の交流などを積極的に行っており平成2年に広域振興協議会を立ち上げている、沼田町・小平町・幌加内町が12月20日(木)防災協定の調印をほろしん温泉ほたる館で行いました。
 これは、3町が日常的に防災意識の高揚をはかり、非常時にはいち早く連携して相互協力する体制を作るために調印したもので、調印式にはそれぞれ3町の議長と空知・上川の総合振興局長、留萌振興局長も駆けつけ、災害時の協力体制について確認しあいました。
 空知総合振興局の武田局長は「本日の締結までの努力に敬意を表したい。大雪による災害など災害には多くの物があり、地域の連携体制の強化のため広域での連携が大切である」と挨拶をしました。

20121219高穂スキー場圧雪車入魂式・安全祈願祭

20121219高穂スキー場圧雪車入魂式・安全祈願祭
 12月19日(水)、今年購入した圧雪車の入魂式とシーズンの無事を祈願する安全祈願祭が高穂スキー場で行われました。
 昨年、約18年使用していた圧雪車が故障してしまったため、約2,900万円をかけて新車を購入。昨年の圧雪車よりも広い幅でのコース整備が可能になり、自動でコースのうねりに合わせて綺麗に整備することが出来るとのこと。実際に運転した担当者も「馬力が格段に上がっているので、作業効率が断然良くなった」と運転した感想を語っていました。
 金平町長は「この圧雪車でより綺麗なコースになった高穂スキー場をPRして、減少傾向のスキー人口などが伸びていくことを期待したい」と語っていました。
 スキー場のオープンは12月23日(日)で、当日はリフトが無料開放されます。ウィンタースポーツ愛好者が待ち焦がれたシーズンが到来しました。

20121218準備万端 火文字のタイマツ作り

20121218準備万端 火文字のタイマツ作り
 沼田町の一年をしめくくる恒例イベントでNHKのゆく年くる年で全国放送もされたことがある「温故知新」で行われる火文字のタイマツ作りが12月18日(火)に有志約10名と今年歩き隊に立候補した北海道新聞社の記者も参加し行われました。
 毎年大晦日に行われるこのイベントは、今年で14回目となり、町外からも多くの観光客が訪れます。
 今年の火文字の文字は、沼田小学校児童から募集し、新しい校舎でみんなでまた勉強する意味から「学」と決まり、火文字班の班長で毎年参加している春山顕一さんは作業中「今年も準備は着々と進んでいます。最高の火文字を輝かせますので皆さん見てください」と当日への思いを鼻息荒く語っていました。
 火文字の炎は、北海道神宮から夜通し歩いて運んで来た御神火で点火するもので、大晦日の年が変わる瞬間から五カ山牧場で鮮やかに浮かびあがり、天候の良い時は、沼田町市街からも見ることができます。

20121215慣れない杵に笑顔満開 みんなで「よいっしょ!もちつき大会

 20121215みんなで「よいっしょ!もちつき大会
12月15日(土)地域との交流を深め少年の社会成長を育むことを目的として、深川地区保護司会等が主催する、沼田町就業支援センターの少年による餅つき大会が沼田保育園で開催されました。
 会場では、少年達が保護司会の皆さんの手ほどきを受けながら園児の「よいっしょ!よいっしょ!」のかけ声で勢いよく餅をつき、すずらんの会のメンバーによりおいしく料理されたぞうにや黄な粉餅にしておいしくいただきました。

20121214平成24年度いきいき大学閉講式

20121214平成24年度いきいき大学閉講式
 高齢者の生きがいづくりに繋げようと、町教育委員会が毎年開講している「いきいき大学」(生沼篤司学長)の平成24年度閉講式が、12月14日(金)、ほろしん温泉ほたる館で開催され、68名の方が出席しました。
 この日は閉講式の前段に「いきいき座談会」と名付けられた意見交換会を実施。丸テーブルに8名前後のいきいき大学生が座り、社会教育委員が座長を務めて「いま自分がしてみたいこと」と「お年寄りが地域でできること」の2つのテーマで座談会を進行。各テーブルも話しは盛り上がり「みんなでサークルなどの枠を超えてお喋りしたり体を動かしたりしたい」、「子どもはもちろん親も含めて躾が出来るようなおじいちゃんおばあちゃんになりたい」など、1時間程度の座談会でしたがたくさんの意見が出ていました。
 その後の閉校式では、全7回に参加した13名の方に皆勤賞と記念品が贈呈され、7回中5回に参加した34名に修了証書が手渡され、「来年のいきいき大学までみんな元気にいよう」と誓い合い、今年度のいきいき大学を閉講していました。

20121213農天気の会が女性・高齢者チャレンジ活動表彰奨励賞を受賞

201251213農天気の会が女性・高齢者チャレンジ活動表彰奨励賞を受賞
 農業経営や地域振興への積極的な姿勢をたたえる「女性・高齢者チャレンジ活動表彰」に、沼田町の農天気の会(藤村富士子代表)が奨励賞を受賞し、12月13日(木)、町生涯学習総合センターゆめっくるで表彰式が行われました。
 農天気の会は、平成13年に町内の農家女性6人の勉強会として結成。メロン栽培の体験学習を企画し、9年間、沼田小学校の毎年のカリキュラムとして取り組まれています。体験学習の内容も単なる収穫体験ではなく、事前学習から定植体験、生育見学や収穫、試食まで1年間を通して行う特長的な食育活動をし、農業への理解を広げていることが評価されました。
 表彰式で金平町長は「小学校だけ、地域だけでは出来ない活動を9年間続けているのは大きな功績」と農天気の会の活動を称えました。賞状を受けた藤村代表は「身に余る表彰。今後も未来の沼田のために少しでも貢献していきたい」と表彰の喜びを語りました。
プロフィール

numatakouhou

Author:numatakouhou
北海道沼田町広報です。
2011年12月から始めました。
今後ともよろしくお願いします。

最新記事
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR