20140225韓国の学生が沼田町の雪冷熱活用を見学

20140225韓国の学生が沼田町の雪冷熱活用を見学
北海道と友好提携を結んでいる韓国の学生30名と、韓国と交流している日本人学生22名が2月24日(月)から25日(火)まで北海道との交流事業の一環として沼田町を訪れました。
 これは、北海道が実施する事業で、2月20日(木)から3月1日(土)までの間、韓国人学生に北海道に滞在してもらい、北海道のことを学んでもらうことを目的とし、この度、雪冷熱活用の先進地である沼田町に訪れたものです。
学生達は、健康福祉総合センターで金平町長と通訳を交えて懇談。金平町長は「沼田町は雪を上手に活用しています。こういう交流事業で両国の勉強することが必要だ」と学生達に語りかけ、学生からは「韓国ではこんなに雪が降らないので感動しました。雪をエネルギーに変えるなんてことは、観光で来ただけではわからない。今回、貴重な経験をしています」と興奮気味に話をしていました。
 その後学生達は、「雪の科学館」「スノークールライスファクトリー」など雪関連の施設を見学し、雪冷熱エネルギーの活用の説明を熱心に聞いていました。
スポンサーサイト

20140224トレーニングマシン講習会

20140224トレーニングマシン講習会
2月24日(月)に、沼田町健康福祉総合センター「ふれあい」でトレーニングマシン講習会が開かれました。
トレーニングマシン講習会は、ふれあいに設置しているトレーニングマシンの利用促進を図ろうと企画しました。
7名の参加者は、健康運動指導士から、マシンを活用するメリットは、目的の筋肉ををケガなく鍛えられる事。目的に応じて回数や重さ、速さ等を変更できる事を教わり、使用の心得を学び、今後の目標設定を考えていました。

20140219マタニティークラブ

20140219マタニティークラブ
2月19日(水)に、沼田町健康福祉総合センター「ふれあい」でマタニティークラブが開かれました。
マタニティークラブは、出産経験のある妊婦や初めて妊娠している妊婦同士の交流を促し、お互いの情報交換を図る事により、妊娠中の日常生活や食生活の不安を取り除き、妊娠のイメージを持ってもらおうと企画されています。
4名の参加者は、健康相談や栄養相談、妊婦に関する本の紹介、自己紹介、出産に関するDVD鑑賞の後、食生活や妊婦生活に関する講話を聞きながら、最後に小豆のお赤飯やはんぺんのチーズサンドフライ、ほうれん草の海苔和え、たっぷり野菜のお味噌汁、牛乳寒天といった栄養素がたくさん使用されているメニューを試食し、参加者同士で談笑していました。

20140219なごみで読み聞かせ

20140219なごみで読み聞かせ
2月19日(水)に、沼田町認知症高齢者グループホーム「なごみ」で絵本の読み聞かせが行われました。
図書館では、一人でも多くの住民に本に親しんでもらおうと、定期的に和風園や旭寿園、幼稚園等の施設に出向き、読み聞かせを実施しています。
9名の入所者は、図書館司書の読み聞かせやボタンティアの長田さんによるハーモニカ演奏を楽しく鑑賞していました。

20140217渡部稔さんがふるさとづくり基金へ寄付

20140217渡部稔さんがふるさとづくり基金へ寄付
2月17日(月)、前沼田消防団長の渡部稔さんから、町へ100万円の寄付がありました。
渡部さんは、「お世話になったお礼です」と金平町長へ寄付を手渡しました。

20140215除雪ボランティア

20140215除雪ボランティア
1月21日~2月15日にかけて、町内の高齢者住宅各所で、除雪ボランティアが行われました。
各団体では、地域貢献の一環として、除雪ボランティアを実施しています。
作業は、安全に配慮し、声を掛け合い、スコップを使いながら進められ、「雪が重い」「雪が硬い」と悪戦苦闘しながらも、参加者一丸となって雪を下ろしたり、はねたりしました。また、ショベルが活躍した団体もありました。
入居している高齢者は、「大変助かります」と感謝していました。


除雪ボランティア実施団体
沼田技能協会      1月21日 旭町高齢者公営住宅      12名参加
沼田町役場青年女性部  2月 8日 公営住宅(南町・旭町・7町内)10名参加
沼田中学校       2月 8日 公営住宅(南町・旭町・7町内)20名参加
沼田野球少年団「ヤングイーグルス」 2月 8日 公営住宅(南町・旭町・7町内)19名参加
道央開発・シンオシマ経常建設共同企業体 2月10日  更新地区             7名参加
宮脇大木建設      2月15日 恵比島地区          19名参加

20140214第15回全国地酒まつり

20140214第15回全国地酒まつり
2月14日(金)に、ほろしん温泉ほたる館で、第15回全国地酒まつりが行われました。
東日本大震災復興支援として実施され、会場は、参加した約150名が、全国各地の日本酒を中心に、焼酎やビールやジュースの飲み物やお寿司やモツ煮込み等の食べ物を楽しみながら、希望者による日本酒の味を当てる利き酒ゲームで盛り上がりました。
最後の抽選会では、お菓子等の景品が用意され、抽選に当たった参加者は嬉しそうに会場を後にしました。

20140211第65回町民スキー大会兼第15回高穂スキー場まつり

20140211第65回町民スキー大会兼第15回高穂スキー場まつり
2月11日(祝・火)に町営高穂スキー場で、第65回町民スキー大会兼第15回高穂スキー場まつりが行われました。
体育協会が主催し、多くの近隣の住民にウインタースポーツの楽しさを通じて、高穂スキー場の利用促進につなげようと実施しています。
会場は、晴天の下、就学前児童や小中学生及び保護者等の約200名程度の来場で、スキー大会やジャンプ大会、大人スキーレッスン、スノーボード無料レッスン、おしりすべり大会等、盛りだくさんのプログラムで盛り上がりました。
主管団体の渡辺敏昭スキー連盟会長は、「スノーボードの技術レベルが向上している」と講評していました。

20140207中山勝さんが北海道産業貢献賞を受賞

20140207中山勝さんが北海道産業貢献賞を受賞
前沼田町農業委員会会長の中山勝さんが、2月7日(金)に町長室を訪れ、金平町長に北海道産業貢献賞受賞の報告をしました。
北海道産業貢献賞(農業関係功労者)は、多年にわたり北海道農業の発展に貢献され、その功績が顕著な方々の業績を、知事が表彰するものです。
中山さんは、平成5年に農業委員会委員、平成14年から農業委員会会長として、農地利用の適正化と農業生産の安定向上に尽力し、多大な貢献が認められて、この度の受賞となりました。

20140205JA北いぶき女性部沼田支部が雑巾を寄付

20140205JA北いぶき女性部沼田支部が雑巾を寄付
JA北いぶき女性部沼田支部(渡辺智子支部長)の新役員7名が、役員就任の挨拶と雑巾を寄付する為、2月5日(水)に、町長室を訪れました。
雑巾は、例年、各部員が作成しているもので、渡辺部長は、「高齢者の為に、使ってください」と話してくれました。
今回、寄付いただいた雑巾は、老人ホーム和風園や特別養護老人ホーム旭寿園などで使わさせていただきます。
プロフィール

numatakouhou

Author:numatakouhou
北海道沼田町広報です。
2011年12月から始めました。
今後ともよろしくお願いします。

最新記事
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR