20140724いこいの広場開設

20140724いこいの広場
7月24日(木)~25日(金)の2日間、「町民いこいの広場」が開催されました。
開園式で商工会青年部の多田部長は「この2日間で子どもを対象にしたゲームなどを行います。子どもたちにとってこのイベントが楽しい夏休みの思い出になるように頑張ります」と挨拶。
1日目は法被を着た保育園児の太鼓演奏や、小中学校のブラスバンドの演奏、お宝まきが行われました。会場に用意された水遊び場では、子どもたちがずぶ濡れになりながらはしゃいでいました。
また、この日は日赤奉仕団が「非常食炊出し訓練体験コーナー」を設け、特殊な袋を使って炊いたお米の試食を行い、食べた人たちは「炊飯ジャーと全然変わらない」と美味しそうに食べていました。
2日目は天然雪を会場に運びこみ、真夏の水鉄砲大会が行われました。参加したチームは冷たい雪の上で白熱した戦いを繰り広げました。
スポンサーサイト

20140724ベビーマッサージ教室

20140724ベビーマッサージ教室
7月24日(木)子育て支援センターの「ほっとママ」事業の一環として、「ベビーマッサージ講座」が行われました。
講座には生後2か月から1歳までの乳児とその母親9組が参加し、ベビーマッサージ講師の三好さんが指導を行いました。
ベビーマッサージは赤ちゃんの五感や身体の発達、夜泣きの軽減、便秘の解消などに効果があるとされ、お母さんから直接施術された赤ちゃんは気持ちよさそうな表情を浮かべ、中には寝てしまう子供もいました。

20140720第5回雪夏祭

20140720雪夏祭
7月20日(日)全国的にも珍しい、真夏の雪まつり「雪夏祭(せっかさい)」(主催ゆきものがかり・商工会)が、北竜地区にある雪の貯蔵施設、沼田式雪山センターで行われました。
朝は、雲が多く薄暗い中でしたが、競技が始まってからは雲一つ無い青空のもとスノーボードやスキー、雪合戦の選手が、競技に挑みました。
会場には、貯蔵してある天然雪で作られた高さ約8mの雪山が登場し、参加者は、ジャンプや回転などのテクニックを披露。雪合戦会場では、地元中学生野球部なども参加し、応援する保護者などから大きな声援があがっていました。
 このほか、氷水に落ちる寸前で止まる距離を競う「雪氷チキンレース」や通過する的をゴムボールで倒す「キッキングスナイパー」などが行われ、参加者だけでなく、来場した親子連れも楽しんでいました。

20140718北央道路工業(株)が草刈ボランティア

20140718北央道路
7月18日(金)北央道路工業株式会社(澤口二朗代表取締役社長)が、幌新地区のすずらん駐車公園からほろしん温泉ほたる館の約4.5キロメートルにわたり、草刈とゴミ拾いボランティアを行いました。
同社は、ほろしん温泉ほたる館で開催されている「ほたる祭り」に合わせて毎年草刈りボランティアを実施しており、今年で7回目を数えます。
作業は約20名ほどで行われ、見る見るうちに雑草が刈り取られていきました。

20140718長生クラブが年祝会

20140718長生クラブ
7月18日(金)ほろしん温泉ほたる館において沼田長生クラブ(野道夫会長)の年祝い会が行われました。今回お祝いの対象となる方は喜寿11名、米寿6名、白寿1名。そのうち喜寿7名、米寿3名の計10名が出席しました。
野会長から記念品の贈呈が行われ、その後の挨拶で「長い間沼田町のために尽力していただいた。若い人にできないことを老人がやる時代がきたのではないか。これからも色々な行事に参加していただきたい。」と話をしました。来賓の神副町長からは「みなさまの努力によって開拓120年を迎えられた。今後より一層の福祉の充実を図っていくので、今後も元気に生活してほしい。」と挨拶がありました。
その後、生沼教育長の乾杯により宴に入り、フラダンスや日本舞踊が披露され、参加者は大いに楽しんでいました。

20140717旭川医科大学生が中学校で健康教育

20140717旭川医科大学
7月17日(木)小中高生を対象に健康教室を主催し、地域社会に貢献する理念を持った旭川医科大学の学生団体「Med-Edu(メド・エデュ)」のメンバー11名が沼田中学校(小川勉校長)で健康教育について授業を行いました。
中学生は大学生と一緒に感染症の病原菌や、何故感染するのかなどを大学生の劇などを交えながら楽しく考え、説明を真剣な表情で聞き入っていました。

20140717長生クラブが保育園あんどんの紙貼り

20140717長生クラブ
7月16日(水)~7月17日(木)の2日間にわたり、沼田長生クラブ(野道夫会長)による沼田保育園あんどんの紙張り作業が行われました。
これは子どもたちに喜んでもらいたいと野会長が発案し、5年前から毎年継続して行われています。
今年は2日間で約50名の会員が参加。参加者は厳しい暑さの中、タオルで汗を拭いながら1枚1枚丁寧に紙を張っていました。野会長は「子どもたちのために何かできることはないかと考えた。子どもたちに喜んでもらえたら嬉しい。」と話しました。

20140716認定こども園保護者説明会

20140716認定こども園
7月16日(水)生涯学習総合センターゆめっくるにおいて認定こども園保護者説明会が開催されました。今回の説明会は就学前の子どもを持つ保護者を対象に午前、午後の部と2回に分けて開催されました。
冒頭で神副町長から「子育て環境については、二重保育の解消など、様々なご意見を町民のみなさまからいただいた。どのような政策がよいか検討した結果、幼保一元化となった。みなさまからの忌憚のない意見をいただいて、今後の建設に反映させたい。」とあいさつ。担当者から概要について説明があり、その後の質問では一時保育について、生活スケジュールなどに関する質問が飛び交い、保護者の子育て環境への関心の高さをうかがわせました。

20140716沼田郵便局が小学校にサッカーボールを寄贈

20140716郵便局サッカーボール寄贈
7月16日(水)に沼田郵便局(大京寺義明局長)に、ブラジルで行われていたサッカーワールドカップを記念してディスプレー用として展示されていたサッカーボールを大会が終了したことから記念に寄贈されました。
大京寺局長から「これから仲良く遊んでほしい」と手渡された児童は「ありがとうございます、皆で楽しく使います」と笑顔でお礼を述べていました。

20140715おはなしキャラバン隊来町

20140715おはなしキャラバン隊
7月15日(火)講談社の「おはなしキャラバン隊」が生涯学習センターにやって来ました。このキャラバン隊は2年かけて全国を一周しているもので沼田町は2年ぶりの訪問となりました。
子ども達は、車体に大きな絵が描かれた愉快なキャラバンカーの中の絵本を自由に読んだり、子ども館で菊池司書や講談社の宮田隊長による絵本「しゅくだい」の読み聞かせや紙芝居「もったいないばあさんまほうのくにへ」が上演され、参加した子供たちは真剣な表情で聞き入っていました。
プロフィール

numatakouhou

Author:numatakouhou
北海道沼田町広報です。
2011年12月から始めました。
今後ともよろしくお願いします。

最新記事
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR