20130611小学4年生が総合学習でメロンの定植

20130611小学4年生が総合学習でメロンの定植
 6月11日(火)、沼田小学校(藤森正男校長)の4年生児童21名が、総合学習の一環としてメロンの定植体験を行いました。
 このメロンの定植体験は、農家の女性で組織している「農天気の会(藤村富士子代表)」が主催となり、児童らに作物が育つ過程を知ってもらい、農業の良さを肌で感じてもらおうと小学校と連携して行っており、今年で節目の10回目を迎えました。
 定植体験は、農天気の会メンバーの辻よし子さんのビニールハウスで行われました。メンバーらは児童に定植の仕方を丁寧に教え、いざビニールハウスへ。この日は雲一つない晴天で、ビニールハウスの中の温度はなんと33℃まで上がっており、児童らは「あつ~い!」と額に汗を流しながら、一株一株丁寧にメロンの苗を植えていました。
 この体験学習は、定植体験を含めて、定植前に行われた事前学習会、7月に行われるメロンがどれくらい育ったかを見る経過観察、8月の「皿敷き」と行われる作業、そして9月の収穫と試食会、合計5回の授業で構成されています。
農天気の会のメンバーは「子どもたちにはこの体験を通じて、農業に目を向けてもらいたい」と話していました。
スポンサーサイト
プロフィール

numatakouhou

Author:numatakouhou
北海道沼田町広報です。
2011年12月から始めました。
今後ともよろしくお願いします。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR