20120220「沼田町農業を考える会」が開催されました

20120220沼田農業を考える会
 将来に向かって沼田農業をどうしていくのかを考える「沼田町農業を考える会」が、2月20日(月)沼田町緑壮会・JA北いぶき青年部沼田支部・沼田町農民協議会からなる実行委員会(大西晴彦実行委員長)主催でほろしん温泉ほたる館を会場に、農業者を中心に農業関係機関の職員合わせて約60名の参加で開催されました。
 平成15年9月に開催されて以来のことで、TPP問題など農業情勢が安定していない中での開催です。
 参加者は、6つのグループに分かれてそれぞれが話しあい「経営対策をしながら規模拡大をしていくべき」「その農家の経営スタイルにあった農業が必要。沼田には、多種多様な農家があって良い」など10年後20年後の農業を考えた活発な意見交換が出され、また、年配の農業者からは「若い人は、しっかりとしたビジョンを持って農業をやってほしい」と後継者育成へ向けた意見も出されていました。実際の経営方法については「主として農業をやらなくなった人にオペレーターをお願いする仕組みは作れないのか」「肥料など農業を学習する場がほしい」など直面している問題に関する意見も出されました。
 最後に小峯聡農民協議会委員長が「TPPがこれからどうなるのかわからないが、自分がこうしたいという思いを持って考えていかなければいけない。収量と質とも上向いてきている、次に何をしていくのか考えていきたい。」という挨拶で会を閉じました。
スポンサーサイト
プロフィール

numatakouhou

Author:numatakouhou
北海道沼田町広報です。
2011年12月から始めました。
今後ともよろしくお願いします。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR